月別アーカイブ: 2016年3月

ミラーレスの一眼カメラの気に入ってるところ

ミラーレスの一眼カメラを活用している。
主に、仕事用の宣材を撮るのに活用しているのだ。
そこで、このミラーレスの一眼カメラの個人的に気に入ってる部分について書いていこうと思う。
まず、見た目がスマートな点が気に入っている。
私としては、一眼レフはごついイメージがある。
そのため、スペックは高くても持ち運びが不便で、その道の専門家じゃないと扱いにくいのではないかと言うイメージがあった。
しかし、このミラーレスタイプの場合は、形状がスマートなので外でも気軽に持ち運びやすいところが気に入っている。
他にも気に入っているのが価格の安さだ。
一眼レフは基本的に高いイメージがあるが、ミラーレスタイプの場合は安い。
もちろん、高い故のスペックはあるのだが、そこまで求めていないケースもある。
私の場合は、レンズは交換したいがスペックと値段が気になっていたため、そこら辺を解決したミラーレスタイプが気に入った訳だ。
上記の2点が、私がミラーレスの一眼カメラを気に入っている理由だ。
この便利なカメラを使って、製品の写真などを撮っている。
今のところ、スペック周りで不満を持ったことはない。
確かに、製品パッケージなどを作ろうと考えたら、もう少しスペックが高い方がよいと言う考えはあるだろうが、私としては、このミラーレスで必要十分だと思っている。

メモ帳と言う優れたツール

メモ帳は便利である。
ちょっとしたメモ書きやTODOリストの作成など、書いておくと助かることをメモしておくのに最適である。
このメモ帳についてだが、メモ帳と一言でいっても様々なパターンがあるのではないだろうか。
捨て紙の裏を使ったり、専用のメモ帳を使ったりなど。
今回は、このメモ帳について書いてみようと思う。
まずは、捨て紙などの裏を使うパターンだが、これは印刷ミスの書類などの裏を使ってエコロジーに活用しようと言うパターンである。
仕事を行うにあたって印刷ミスが出てくるものだから、そう言った書類をもったいない精神で活用するのは1つの手である。
しかし、こう言った捨て紙から個人情報や社外秘が漏れたりするものなので、もったいない精神よりもプライバシーを守るべきだと考え、シュレッダーを活用すべきだろう。
次に専門のメモ帳についてだが、専門なだけあって素晴らしい。
紙質が良かったり、使い勝手が良かったりするので、メモ自体も捗るものだ。
ただし、価格帯には気をつけなければならない。
安物のメモ帳だと書ければよかろうレベルなので、インクが滲んだり書きにくかったりする。
たかがメモ帳と侮らずに、それなりの値段のものを購入すべきだろう。
メモ帳は便利だし、思いの外奥深いのだ。