最後のご飯

プラネタリウムを出て向かいにあるフードコートで4日間最後のご飯を食べました。

IKEAと併設されているフードコートで久々に訪れた場所だったんですが、店内に入ってからフードコートに着くまでがまるで迷路のようでいつまで経ってもたどり着けない。
(フードコート目当ての人にも家具を見て行ってもらえるようにぐるぐる回る順路になってるようでした)

なかなか目的地にたどり着けないモヤモヤ感もありましたが、一緒に家具とか見てあれがいいこういうのいいなんて話をするのも貴重でそれはそれで楽しかったです。
そんなこんなでようやくフードコートにたどり着いてのご飯。

お昼ご飯が遅かったこともありビーフシチューとご飯のセットを二人で半分こすることにしました。
今回他にも結構分け合って食べたものが多く、USJのレストランのお肉であったり、海遊館でのソフトクリームであったり、食べ物に関してだけでもまたたくさんの思い出ができました。

一緒に分けて食べながらもこれが終わったらもう空港に行かなきゃいけないと思うとやっぱり寂しかったです。
刻一刻と迫ってくるお別れの時間がただただ寂しく、このまま帰したくない、時間が止まったらいいのに、と叶わない願いばかりが浮かんでは消えていきました。